上海リニアと地下鉄

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

今日から土曜日まで、上海に出張中です。
今回は、いろいろなアポが現地で入っているため、その際に一人で動けるように訓練すべく、空港からパートナーの会社まで、1人で行動してみました。
とりあえず、中途半端ではあるものの中国語と英語を駆使しつつ、いろいろな交通機関を経験してみましたが、何があるでもなく、あっさりと到着できました。。

浦東から今回宿泊する新錦江大酒店までは、いつも現地の人がリムジンを手配してくれるのですが、高価でもったいない(400元もする)ので、リニアで龍陽路まで行ってそこからタクシーのコースにしました。
前からリニアに乗ってみたかったわけですが、50元でしかも高速なので、タクシーで直接行くより早くて安く(タクシーだと100〜120元くらい)、空港アクセスの交通機関としても大変魅力的だということに気づきました。
普通なら、1時間ちょっとかかるコースが、リニア7分+乗り換え5分+タクシー30分なので、慣れればこっちのほうがいいですね。(乗換えが面倒な人にはお勧めできないですが)
今回は、初めてなのでVIPクラスにしたため100元かかりましたが、たかだか数分間のことでもあるので、普通クラスでもいいんじゃないかというのが感想です。
ところで、当日の航空券があれば2割引になり、VIPが80元、普通が40元とお得らしいのですが、しらなかったので、普通運賃で乗ってしまいました。調べときゃよかったですが、浦東空港に着くまで乗りつもりなく、行き当たりばったりだったので、仕方ありません。

ところで、肝心のリニアのほうですが、新幹線にも増してスピード感を味わうことができ、正直ちょっと「大丈夫か?」と思ったくらいです。物はドイツ製のようですが、軌道に何かあったら431km/hでは死ねます。まぁ、たぶん大丈夫でしょうが。
500系のぞみの300km/hのときも、270km/hとは明らかに違うスピード感がありましたが、さすがに400km/hを超えると見える景色が変わってきます。正直、外を見ていると途中から、ちょっとしんどくなってきました。中央リニア新幹線で東京−大阪を行き来するのは、なれないとスピード感に負けそうですね。



龍陽路からは、新錦江大酒店までタクシーですが、油断した隙に高い金を払わされてしまいました。
イーリンリンRMB(普通はイーバイというが、私がうまく聞き取れなかったので・・)というので、100元ならいいかと思ったのですが、後で考えると空港からでも120元程度なのに、リニアで中心部に30km近く走った龍陽路から100元とはこれいかに。
運転手も、『ためしに言って見たら、なんと100元ほんとに払いよったで』くらいの感覚でしょうけど、初めての区間では、ちゃんとメータを上げさせるのが吉です。実際には、30元くらい払っとけば、ちょうど良いくらいの区間でした。

ホテルに荷物を置いた後は、最寄の陝西南路駅より地鉄一号線(地下鉄一号線)に乗り、上海駅(上海火車駅)にて明珠線に乗り換え、虹口足球場(ホンコウズーツーツァン)まで行きました。
上海には、長距離鉄道以外に、地下鉄が3つと高架線が1つあって、それぞれ1号線〜3号線と明珠線と名づけられています。高架線は外周をぐるっと回るように作られており、目的地の虹口区まで走っています。
私が乗った時間は昼の13時前なのでそんなに混んでなかったのですが、朝は入場制限をするくらいの混みようだそうで、今も地下鉄の新線がどんどん作られています。今回乗った地鉄一号線も、手持ちの地図で上海駅が終点となっているのに、すでに延伸されていました。

ちなみに、上海の地下鉄と高架線は、両方とも自動券売機と自動改札機ですが、自動券売機は1元しか利用できないようです。今回見た券売機の一部では「言語選択ボタン」があり高機能化されていたので、もしかしたらおつりを出せるのかもしれません。しかし、必ず横に有人券売所があり、券売機を使う人は少なく、運営側もあまりアップグレードは考えてなさそうです。
なお、上海の券売機は、お金を入れる前に区間選択をしなければなりません。私は前に聞いた事があったので、さほど問題はなかったのですが、初めてだとかなり戸惑うことでしょう。

上海駅の地下鉄から明珠線への乗り換えは、かなり距離があり疲れましたが、とりあえずホテルからは無事に目的地へ到着できました。
めでたし。

行きの飛行機にて。
左下に福岡空港が見えます。
今回はVIPの方に乗ったので、座席はかなり広かったです。
これでも、100元なので、30km近くを乗れることを考えると、ずいぶんと安いものです。
最高時速430km/hを少し超え、431km出てます。
新幹線の非でない、不安になるくらいのスピード感です。
前から建設中だったビルが完成したようです。