ジョッキバトン

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

Ryo氏より、ジョッキバトンをまわされてしまいました。
ジョッキバトンとはなんやということなのですが、どうも酒にまつわる話を暴露すべきことのようです。;-)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=33833988&owner_id=99402 - Ryo@mixi

長らくBlogをサボってたわけですが、これを機会に、書きかけの日記をすべて整理して、継続してやることにします。(また、途切れそうですが・・)

と、本題。

1. 今 冷蔵庫にある酒は?

ビールばっかりですね。
エビス、モルツに、クラシックラガー。アサヒの「こだわりの極」ってやつも入ってます。
とりあえず、メジャービールメーカー4社の、主流でないのばっかりあります。
狙ったわけじゃないですが・・・。
家にあるお酒ということなら、焼酎がいっぱい。常温でも差ほど問題ないので、保管が楽でいいです。

2. 好きな銘柄は?

基本的に何でもいいです。
最近は焼酎を飲む機会が増え、中でも黒糖焼酎とか芋焼酎といった、癖のあるやつが好きです。
黒糖なら、長雲の一番橋というやつが、コクがあっていいですね。
ワインもまあまあ嗜むようになったのですが、本気で呑むと金がかかって仕方がないので、しょっちゅうのむわけじゃありません。ECHEXEAUX(エシェゾー)なんかは、好きな部類に入ります。DRCが良かったのですが、高いので2度目はありません。;-)
ウイスキーなどは、あまり飲みません。嫌いじゃないですが。

3. 最近飲んだのは?

昨日、ヨドバシカメラに行った時、上のレストランで昼間っから生ビールを・・・。

4.思い入れのある五杯

まだ、法的に飲めるようになってから、7年しかたっていないので・・・。
とはいえ、あげてみましょう。

お酒自体は、昔から少しは飲まされていたのですが、はっきりと「これはのんだっ!」っていう最初は、13年前!!?のことです。
そのとき、横浜市立の南戸塚中学校に通っていたわけですが、文化祭のときにドラマのような結束力でプラネタリウムを作り、大成功を収めたときでした。近くの金井公園で、こともあろうか酒盛りをし、それはそれは楽しかったです。悪いことではあるものの、それが若い心に刺激を加え、今まで以上に仲間との絆が深まりました。ちなみに、その後も何日か繰り広げられ、一部が補導されてみたりとか、なかなか笑えない状況になっていましたが・・。
とにもかくにも、思い出深い酒盛りでした。みんな元気にしてるかな?

あと、やっと一般的に飲んでもいいんじゃないかといわれる歳(18歳)に、教官の官舎で、なべパーティを開いたときも、印象深いですね。
馬鹿みたいに飲むもんだから、ビールに飽き足らず、日本酒まで一升瓶がごろごろする状況になってしまいました。もうそのあとは大変です。
初めて、「呑み過ぎはまずい」と知った、青春の1ページです。

卒業する前に、友人(岩○)と飲んだ焼酎もいまだに忘れられません。
舞鶴高専では、最後の授業が終わった後は卒業式が終了するまで休みになります。(ほかもそうかもしれませんが)
しかし、その友人は実家が九州、私は横浜。おまけに既に、今の事業(さくらインターネット)を始めており、舞鶴から離れることも出来ない状況だったことから、2人で研究室に数週間居候をすることを決定したのです。
そして、ある日。何を考えたか、片道10km近くある道のりを2人で歩きて街へ行き、「鬼殺し」を購入。また同じ道を、今度は一升瓶まで仲間に加わって、えっちらおっちら学校まで帰りました。
その後は言わずもがな。その焼酎を2人であけ、氷などあるわけもないので常温で呑み続けました。
結局、朝には1升が空っぽになるわけですが、飯も食わず酒だけ飲み続けたものだから、もう大変です。
酔いは2日間は続きました。これが本当の二日酔。卒業前の苦い思い出です。

社会人になってからは、今の会社(さくらインターネット株式会社)を設立した時に、発起人たちで呑んだ一杯です。
当時のSRS社長だった笹田氏と、当時の側近である菅氏。この二人に加え、笹田の嫁さんのさくらさんと、計4人で、「これからがんばろう会」を開いたときでした。
もう、みんなすごい加速力で呑むわけですが、そのときは笹田氏がブルドーザのようなアルコール分解パワーを持っているなどつゆ知らず、覚えてないくらい呑んでしまいました。
結局、菅がとんでもないことになってしまい、私自身もへろへろになってしまいました。
いまや100人を超える社員・役員を擁し、黒字化も達成するにいたりましたが、そのスタートの記念すべき日のことでした。今もなお、この日の話は語り草です。

のこりの一杯は、いろんな人と呑む、毎日の楽しいお酒にささげます。