平成22年3月期 第2四半期決算発表について

本日、今期の第2四半期決算短信を発表致しました。
売上については、企業のIT投資抑制などの影響がありながらも、前年同四半期比8.8%の増収となりました。
また利益については、売上が増加しつつも経費が抑制できたことなどにより、営業利益が前年同四半期比36.6%増、経常利益が前年同四半期比43.2%増となりました。
四半期純利益については、今後の新サービス投入を見据えて販売管理システムを保守的に減損したことにより、前年同期比73.9%減となっています。
通期については先日のブログ記事でも書かせていただいた通り、オンラインゲーム事業の終了や、販売管理システムの減価償却費の減少など増益に結び付く要因がありつつも、一部の経費が第3四半期以降に繰り越されたことなどの経費増の可能性を勘案し、営業利益・経常利益のみ若干の上方修正としました。
データセンター・ホスティング市場においては、価格競争が激化しておりますが、応援いただいた皆さんのおかげで、予想を上回る進捗となっていることを、大変感謝いたしております。


今期
平成22年3月期
前期比 平成22年3月期
業績予想

前期
平成21年3月期
売上高 38億2,000万円 8.8% 77億円 35億1,100万円
営業利益 2億7,100万円 36.6% 4億2,000万円 1億9,800万円
経常利益 2億5,400万円 43.2% 3億9,000万円 1億7,700万円
四半期純利益 4,700万円 - 3億2,000万円 1億8,200万円
(100万円未満切捨て)

サービス別に見ますと、ハウジングサービスについては競合企業のデータセンター新設・増床による価格競争の激化で厳しい競争環境にありますが、営業活動に注力し前年同四半期比4.9%増となりました。
専用サーバサービスについて、他事業者によるコピーキャットなどの影響を受けつつも、新サービス投入やサーバのモデルチェンジなど、積極的にサービス改善を続けた結果、前年同四半期比16.3%増と、引き続き2ケタ成長となりました。
レンタルサーバサービスについては、昨年の11月に行ったサービスリニューアルや、年初の新プラン投入などが功を奏し、前年同四半期比25.8%増と、専用サーバサービスと同じく2ケタ成長となりました。
その他サービスについては、サーバ構築コンサルティングやドメイン取得代行が好調ではありましたが、前年同四半期には大型特需が発生していたことから、反転して前年同四半期比8.8%減となりました。

平成22年4月- 9月のサービス別売上
ハウジング 専用サーバ レンタルサーバ その他
14億9,382万円 12億4,191万円 5億6,382万円 5億2,118万円
4.9%増 16.3%増 25.8%増 8.8%減

一昨年の社長復帰以来、財務体質改善を進めてきましたが、投資有価証券の処分やソフトウェア資産の整理により資産の健全化を実現するとともに、短期借入金の完済やリース負担の軽減など負債の部についても改善し、財務体質はより安定したものとなりました。
そのうえで、今期からは3カ年の中期計画を策定し、平成24年3月期には売上高100億円、経常利益10億円の目標を設定し、成長目標を明確化しました。

第10期(平成21年3月期)決算説明会資料

10月には中期計画に則って、開発部の新設など組織改編を行い、東京拠点の統合も完了し、販売管理システムの更新に向けた足掛かりもできました。
当社としても、ようやく環境が整い、再びチャレンジを行える状況となりました。
今後、インフラを預かる企業としての安定性をもちつつも、ベンチャー企業としての積極的な姿勢と両立させ、大きく成長したいと考えていますので、引き続きよろしくお願いいたします。

決算予想修正について

本日、今期の決算予想修正の発表をいたしました。

昨今のクラウドコンピューティングの流れや、データセンターの底堅い需要などにより、第2四半期までの営業利益・経常利益とも、予想を大きく上回りました。
その上で、サービスの提供形態や、課金体系の多様化など、複雑化する顧客ニーズへ柔軟に対応できるITシステム構築を見据え、販売管理システムを減損することといたしました。

通期については、オンラインゲームの終了、データセンター運営効率のさらなる改善や、販売管理システム減損に伴う減価償却負担の軽減などの要因があるものの、新サービス投入にともなう経費増やサーバ機器類購入費用の増加を勘案し、営業利益・経常利益のみ若干の上方修正としました。

今後、クラウドコンピューティングの流れが加速する中、少額課金やオンライン契約などでノウハウを持ち、自社でデータセンターやインターネットバックボーンを運営しつつ、ホスティング分野での圧倒的な実績を持つ当社は、他社に比べても大きな強みを有していると考えております。
この強みを最大化し、クラウドの雄として、さらなる成長を目指しますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いします。

オンラインゲーム終了について

すでにご存じのことと思いますが、9月30日をもってダンジョンズ & ドラゴンズ・オンライン(DDO)および、ロード・オブ・ザ・リングス オンライン(LotRO)の提供を終了させて頂き、オンラインゲーム事業から撤退しました。
今までのご愛顧に対して、お客様はじめ、関係者の方々に大変感謝致します。
また、DDO、LotROを支え続けてきた日本語版スタッフの皆さん、おつかれさまでした。

私は、LotROのAeglosサーバで、Licoとしてプレイをしてきました。
2年くらいのプレイでしたが、プレイヤーの皆様の協力もあって、無事レベル50でカンストし、その後もカルン・ドゥームなどのエリートがうようよしているところで、様々な人に助けて頂くなど、大切な思い出となっております。

なお、LotROについては、昨年末より「モリアの坑道」導入準備をすすめ、あとはリリースだけというところまで来ていましたが、最終段階で開発元からの許可を得られず、日の目を見なかったことが残念でなりません。これについて、力及ばず有終の美と行かなかったことを申し訳なく思います。

さくらインターネットはオンラインゲームから撤退しますが、データセンター・ホスティング分野ではまだまだ頑張っていきたいと思っていますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

一部サーバの負荷上昇に対する対策に関して

先日、さくらのレンタルサーバのディスク容量アップのほか、共用SSLやMySQL5への対応などの新機能対応を発表しました。
これについて、大変ご好評を頂いておりまして、お客さまも順調に伸びており、皆様には大変感謝致しております。

また、2月5日のサービス改定前からサービスをご利用いただいているお客さまにつきましても、順次新機能の適用を行っておりますが、一部のサーバにおいて負荷が高まるという事象が報告されております。状況を調査した結果、特定のCPUを利用しているサーバでのみ事象が発生することから、当該サーバ機器の交換を決定し、昨日報告をさせて頂きました。

http://support.sakura.ad.jp/page/news/20090325-006.news

現在、さくらのレンタルサーバでは提供を開始した時期によって、Pentium4、PentiumM、Core2Duoの3種類のCPUを利用しておりますが、今回の事象が発生しているサーバは、全てPentium4を利用したものです。

さくらのレンタルサーバでは約1,600台のサーバが稼働しており、そのうちの7.5%にあたる約120台がPentium4を利用したサーバです。現在、Core2Duoを利用したサーバを調達し、約20台については既に交換作業を実施いたしました。またこの週末に行っておりますメンテナンスによって約40台の交換作業を行い、残りのサーバについても4月上旬までに交換を行う予定としております。
サーバの交換により、本事象は解消され、以前のように快適にご利用頂けます。

対象のサーバをご利用のお客さまにはご不便をおかけし大変申し訳ありませんが、交換作業が完了するまで、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

今後も、より高機能なサービスが、より快適にご利用頂けるよう、社員一同サービスの改善に努めてまいりますので、よろしくお願い致します。

平成21年3月期の配当を増配します

本日、今期の配当を増配することを発表致しました。
先日の1月29日には上方修正及び復配を発表させて頂いておりましたが、サービスのリニューアル効果などによって、予想を上回る進捗となっていることから、発表済みの普通配当に加えて記念配当を行い、増配することとなりました。
これにより、当初予想ではひと株当たり500円だったものを、ひと株当たり1,000円に変更致します。

当社では、共用・専用のホスティングサービスにおいて、第3四半期にレンタルサーバサービスにおけるディスク容量の増強を行ったほか、専用サーバサービスに関するサービスリニューアルを行いました。
また、第4四半期にはレンタルサーバサービスの更なる付加価値向上やプランの強化を行っております。
世界的な経済不安の中、企業においてはITコストの見直しが進んでおり、よりコストパフォーマンスの高いサービスへのシフトが進んでおります。
そのため、従前以上に提供サービスのコストパフォーマンス向上に努め、既存のお客様の満足度向上と新規顧客のさらなる獲得を進めて参りました。

また、データセンター業界においては、データセンターの乱立によるラック利用料の低価格化や需要の減少傾向もあり、当社においても他事業者同様に厳しい状況が続いていることから、運用効率のさらなる改善に努めてまいりました。
昨年には設備が老朽化したサンシャインデータセンターの閉鎖・統合を実施するなど、固定費の削減と運用の効率化を図りつつ、最新のアイルキャッピング空調方式を採用したホスティング専用の新フロアを堂島データセンターに増床を行っております。

そのような結果、第4四半期についても順調に業績が推移しております。
これらの結果について、株主の皆様への還元を行うべく増配を行うことと致しました。

市場環境は日増しに悪化する状況にありますが、この状況をプラスととらえ将来の成長の糧とできるよう努めてまいりますので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

平成21年3月期 第3四半期決算発表について

本日、今期の第3四半期決算短信を発表致しました。
売上については、市場の冷え込みや、前期のインターネット回線事業売却による売り上げの低下など厳しい環境にありましたが、本業であるデータセンター事業において顧客獲得が進んだ結果、前年同四半期比15.9%の増収となりました。
また利益については、不採算事業の整理や運用の効率化などを通じて、営業利益、経常利益、四半期純利益のすべての項目において増益となりました。
これらの状況を鑑みて復配に向けての基盤が整いつつあると判断しまして、配当予測を1株当たり500円へと修正しております。
これもひとえに、応援いただいた皆さんのおかげであり、大変感謝いたしております。


今期
平成21年3月期
前期比 平成21年3月期
業績予想

前期
平成20年3月期
売上高 52億9,000万円 15.9% 71億1,500万円 45億6,300万円
営業利益 3億1,500万円 105.0% 3億2,500万円 1億5,400万円
経常利益 2億8,100万円 161.6% 2億8,000万円 1億700万円
四半期純利益 2億8,400万円 - 3億円 △5億400万円
ひと株当たり
配当金
- - 500円 -
(100万円未満切捨て)

売上についてサービス別にまとめますと、まずハウジングサービスにおいては、底堅いデータセンター需要を受けて27.8%増となりました。
昨年の3月に堂島データセンターにおいて増設を行ったほか、今期においても昨年9月に代官山データセンター及び堂島データセンターにおいて相次いで増設を行っており、ひっ迫するデータセンター需要の受け皿として業績拡大に向けて取り組みを行ってまいりました。

専用サーバについては、専用サーバについては、積極的な広告展開を行ったほか、、サービスを継続的にリニューアルしたことなどもあり、22.3%増となりました。
専用サーバについては、同質化が進みやすく差別化が行いにくいサービスであり、常に厳しい競争にさらされております。
そのような中で、既存の専用サーバによって培われたスケールメリットを生かして徹底的に低価格化を進めた専用サーバエントリーと、豊富な運用ノウハウを生かして柔軟性を追求した専用サーバ(ベーシック/RAID/アドバンスド)、専用サーバ Platformといった、2つのラインを強化することにより、厳しい環境下においても受注の拡大に努めてまいりました。

さくらのレンタルサーバについては、間もなく実利用数が20万件を超える見込みでもあり、他社を圧倒的に凌駕するスケールメリットと運用ノウハウを背景に、質・機能・価格のすべてにおいて選ばれるサービスづくりをめざして強化を行ってきた結果、33.7%増となりました。
また、今年の1月にもサービスの強化を行うなど、継続的に満足度向上につながる取り組みを行っております。

ハウジング 専用サーバ レンタルサーバ その他
21億4,953万円 16億3,478万円 6億8,806万円 8億1,834万円
27.8%増 22.3%増 33.7%増 20.5%減

当社としても

  • ファシリティ提供であるため質的な差別化が難しく、資金力も必要となる代わりに、大きな売上を得ることのできるハウジングサービス
  • 同質化も進みやすく参入障壁もハウジングサービスより低いが、スケールメリットとノウハウ蓄積によるコスト優位性を築きやすく、ブランド力を活かして一定規模以上の売上と利益を得られる専用サーバサービス
  • 売上の絶対額こそ少ないものの、利益率と成長率が高いサービスであり、事業者ごとの特色も出しやすく先駆者としてのブランド力も活かしやすいレンタルサーバサービス

といったサービスをバランスよく提供していることこそ企業としての強みであると考えており、ハウジングサービスの付加価値向上に加え、他社に比べてスケールメリットやノウハウの大きいホスティング分野(専用サーバ・レンタルサーバ)における、サービスの魅力の強化に取り組み、売上のさらなる拡大に向けて頑張って参ります。


次に、利益面については、前期に引き続いて関連会社の整理を進めるとともに、不採算事業での支出を減らしたことにより、営業利益で105%増、経常利益で161.6%増となりました。
データセンター事業においては増設を続けながらも、昨年6月には設備が古く且つ利用率が低下していたサンシャインデータセンターを閉鎖し、代官山データセンターや堂島データセンターに集約することにより、全体としての機能性・安全性は向上させつつも、運営効率の向上に努めてまいりました。
さらに、有利子負債を削減するとともに、リースに依存したサーバ調達体制を見直し、営業外損失の低減も併せて実施してまいりました。


最後に財務面については、短期借入金をすべて完済すると共に、新規の長期借入金・リース等の増加を抑制し、借り入れに依存した体質の改善に努めてまいりました。
また、出資している株式(有価証券)の評価を今一度見直し、第3四半期までに価値の棄損した株式をすべて減損致しました。これにより、前期の有価証券報告書に掲載しております有価証券のうち、経営状況の好調な会社の以外については、すべて一掃されております。


一昨年の12月に皆様へお約束したことについて、着々と進めておりますが、まだまだやるべきことはたくさんあると考えております。
さらに皆様に支持されるサービスをご提供させて頂き、成長ができるよう頑張って参りますので、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。

さくらのレンタルサーバが更にリニューアル!

いつもさくらインターネットをご愛顧頂きましてありがとうございます。
さて、昨年の11月にさくらのレンタルサーバにおいて容量アップなど、サービス強化を行いましたが、このたび新たなプランを追加するほか、既存のプランも更に強化を行うこととなりました。
今回の強化は主に機能面であり、MySQL5、共有SSL、WAF(Webアプリケーションファイアーウォール)の3点が利用できるというものです。

MySQL5については、以前から多数要望を頂いており、ようやく対応させて頂くこととなりました。
そもそも、以前行ったお客様アンケートやカスタマーセンターへの要望においてもデータベースの強化というものも多く、さまざまなブログや掲示板においても、「さくらはデータベースが弱い」とよくご指摘を頂いておりました。そのため、かねてからサーバの増設などを行ってまいりましたが、今回のMySQL5対応で、さらに利用頂きやすくなるものと考えています。
ちなみに、私もさくらのレンタルサーバのスタンダードを利用(自費で皆さんと全く同じ環境・サーバ)しているのですが、とにかくMySQL4.0では出来ないことが多く、社内にもあれこれうるさく言っておりました。
ただ、安定的なサービス提供という観点では急にMySQL4.0を無くすわけにもいかず、そうなると両方を共存させないといけないのですが、難しいのはPHPやPerlなどのクライアントライブラリをどうやって共存させるかと言うこと。
技術的な観点、お客さまの利用しやすさの観点、安定性の観点など、さまざまな側面からかなり長い時間を検証に費やし、ようやくすべてがクリアとなり対応できることとなりました。
# スタッフの皆さんご苦労様でした

共有SSLについては、データベース同様に要望が多く検討していましたが、他社様でよくやられているような”ホスト部分が同じでパスだけが異なる”という仕様の場合、クッキーの漏えいなど重大なセキュリティーホールになる可能性もあり、慎重に検討してきました。今回、サブドメインで完全に分割する方法を取ることにより、無事対応が完了することになりました。

最後のWAFに関しては、さくらのレンタルサーバをよりビジネスでも利用頂きやすいサービスとするために、今回提供させて頂くこととなりました。
一般的なWAFの場合には利用料が非常に高価であり、一般の法人様には利用頂きにくいものでしたが、スタンダード(月500円)のサービスでも追加料金なしで利用できるようになったことから、より利用頂きやすくなります。

さくらのレンタルサーバを提供開始してから今年の7月で5年となり、間もなく実利用アカウント数も20万件を超える見込みとなりました。
当初は個人様向けサービスとして開始していましたが、一昨年にはビジネスプロも登場し、今回のビジネスプランの投入により、さらに他社様に対する優位性が出たものと思います。
さくらインターネットとしても、他社様を圧倒的に上回るスケールメリットと運用ノウハウを生かして、さらに安定性・機能・性能を向上させ、単に安いわけでなく、「同じ値段でも遥かに高性能」、「同じ安定性なら圧倒的に安い」という、業界随一のコストパフォーマンスを目指して、歩みを止めずさらに頑張って参ります。

今後とも、さくらインターネットとさくらのレンタルサーバをよろしくお願い致します。

「西新宿データセンター」における電源障害発生のお詫び

 この度は、弊社西新宿データセンターにおいて、12月19日に電源障害が発生
したことに関しまして、多くの皆様にご迷惑、ご心配をおかけいたしました。
ここに深くお詫び申し上げます。

 インターネットが重要な社会のインフラとして皆様の生活を支え、なくては
ならないものとなった現在、この度の事故により社会に対して大きな影響を
与えたことについて重く受け止めております。

 弊社といたしましては、原因の究明及び対策はもちろんのこと、再発防止に
対して社員一同最大限の努力をしていくことを約束させて頂く所存です。今後
ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


「西新宿データセンター」における電源障害に関する中間報告
http://www.sakura.ad.jp/news/archives/20081221-002.news

「西新宿データセンター」における電源障害に関する質問および回答
http://www.sakura.ad.jp/news/archives/20081221-003.news

さくらのレンタルサーバがスペックアップします

皆様すでにご存じ頂いているかと思いますが、11月19日からさくらのレンタルサーバがスペックアップします。
容量を増量するとともに、ライトはドメイン別サイト表示機能の一部を変更、プレミアムとビジネスはメーリングリストの作成可能数とドメイン数が増加します。
レンタルサーバは、長い間利用していると、どうしてもデータが増えてきてしまいます。私のこのサイト自身も、個人契約でさくらのレンタルサーバスタンダードを利用しているのですが、写真などを上げていくとどうしても容量がひっ迫し、つい先日は、スパムメールが溜まりすぎて、容量があふれると言うこともありました。
このようなことから、かねてからお客さまアンケート等で要望が多かったディスク容量の増強について、検討を進めていました。
ただ、サーバが不安定になったり、スピードが遅くなったりすると多大なご迷惑をおかけすることもあり、単純に「明日から倍!」というわけにもいかず、ここ何ヶ月か慎重に検討をしてきました。
その結果、サーバスペック的にも、回線的にも特に問題なく、また競合する事業者様と比べてもそん色ないスペックアップ案を作成し、今回無事リリースをさせて頂くことになりました。

なお、データベース関連をはじめ、さまざまな要望を頂いておりますので、並行して鋭意検討をしております。対応については、逐一プレスリリース等にて発表させて頂きますので、今しばらくお待ちください。
共用サーバの場合、利用目的、利用方法の異なる多数のお客さまが共存することになり、一般的な現場におけるバージョンアップに比べて、大きな影響が出る事もあり、慎重に検討を進めております。
もちろん、世の中にさくらインターネットしか選択肢がないわけじゃ無い事は社員一同肝に銘じて、なるべく多くのご要望を取り入れられるよう、努力してまいります。

なお、今後もスペックアップのみならず、サーバ等の機材、カスタマーサポートなど品質面でも更なる満足をいただけるよう、努力していきますので、さくらインターネットおよびさくらのレンタルサーバを、引き続きよろしくお願いいします。

プレスリリース: http://www.sakura.ad.jp/news/archives/20081112-001.news

株主総会

一昨日のことになりますが、当社ウェブサイトに「第9回定時株主総会招集ご通知」を掲載させて頂きました。株主様に対しては、郵送にて書類をお送りさせて頂いております。
前期については、大きな特別損失が発生し、一時債務超過に陥ったことについて、深くお詫び致します。
現状においては、双日株式会社への第三者割当による増資により財務基盤の改善ができ、前期に行った除却等による基礎コストを低減や、新サービス投入等による顧客獲得の強化により、下期の売上および利益については堅調に推移いたしました。
ひとえに、当社を支えていただいた方々のおかげであると、感謝致しております。

なお、召集のご通知の「関連当事者との取引に関する注記」において、当社が所有していた投資先の株式4,550万円を、私が購入させて頂いた旨報告させて頂いております。
こちらについては、過去に当社が投資決定をしIRをさせて頂いたものでありますが、前中間期において著しく価値が毀損されて0に近い価値であると監査法人から指摘されており、債務超過の折にさらなる債務の拡大を防止すべく譲渡を受けさせて頂きました。なお、これに伴い、私が所有する当社株式の一部を売却するに至っております。
これに伴う当社株式売却ついては、一部株主様からもご意見を頂いておるところでございますが、なにとぞ状況をご理解のうえ、ご容赦頂きたく存じます。

今期については、連結子会社が無くなり単体のみでの決算となり、営業利益で3億円を目指しております。
市場環境としては、セキュリティ意識の向上やコンテンツのリッチ化などによりサーバ需要は底堅く、また以前のサーバに比べて電力効率が高い、低消費電力サーバへの乗り換え需要も大きくなっております。
当社としても、データセンターとサーバを一体で運営し提供できることを、他社に対する優位点であると考え、以前より自社開発を手掛けてきた低消費電力サーバのノウハウを生かし、サービスの充実へさらに注力してまいります。
今後、データセンターが相次ぎ開設され、競争の激化からラックの収益性は悪化することが懸念されておりますが、当社の得意とするホスティング(サーバ提供)サービスの充実や、運用保守サービスの拡充など、付加価値による差別化と利益の向上を目指してまいります。
また、双日グループ入りしたことを最大限に活用し、販売チャネルの拡充など、シナジー効果の創造を目指しております。

今後ともさくらインターネットを宜しくお願い致します。