http://tanaka.sakura.ad.jp 「さくらのVPS」はじまります - さくらインターネット創業日記

「さくらのVPS」はじまります

| コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインデーのラックチョコ以来、ずいぶん更新をサボってしまいましてすいません。

最近、ツイッターで意見や感想を吐き出してしまうので、なかなかブログの更新ができておりませんでした。
どうも、考えが成熟する前に、小出しでつぶやいてしまうのがアカンです。
ブログで書くからウェブサイト更新をしなくなり、ツイッターでつぶやくからブログを書かなくなり、次はどうなるのでしょうか・・。

さて、さくらインターネットでは9月より「さくらのVPS」と称してVPS(仮想専用サーバ)サービスを始めることを発表し、さる7月15日よりクローズドベータテストを開始することになりました。
ただ、十分だろうと考えていた200ユーザ(急遽300ユーザに拡大)の枠があっという間にいっぱいになってしまい、すべての方に試用頂けていないことを深くお詫びいたします。
ついては、ベータテストのユーザ数を増やすべく、サーバーやラック、ネットワークの準備を進めることにしましたので、8月初旬より追加で募集が可能な見込みです。

今回のVPSを開始するにあたり、社内外から「さくらはVPSやらないんじゃなかったっけ?」という話をいただきました。
とある記事では、「劣化専用サーバとしてのVPSには競争力はない」などと豪語し、周りからは「さくらはVPSをやらない」と言われてきましたが、サーバ再起動やOS再インストール、コンソールといった、VPSならではの管理機能を搭載してリリースすることにしました。
今後、専用サーバにIPMIを搭載して、VPS同様に管理機能をサポートする予定であり、ハイスペックな専用サーバと、リーズナブルなVPSをハイブリッドで提供していくことにしています。
併せて時間課金などのシステム強化を行い、仮想サーバをベースとしたIaaSや、KVSなどのPaaSを拡大させて、さくらインターネットらしいクラウドサービスにしていく予定にしています。

さくらインターネットでは、先日発表した石狩データセンターによって米国と同様のコスト構造を手に入れるとともに、上記のようなクラウドサービスによるサービスの柔軟性を達成したいと考えています。
また、東京都心の1,000ラック以上を活用し、クラウド、ホスティング、ハウジングのハイブリッドサービスを追及していく予定です。
これらによって、海外にも通用し、日本国内においてはさらに優位性を発揮できる強いさくらインターネットを作り上げていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tanaka.sakura.ad.jp/mt/mt-tb.cgi/1007

コメントする

自己紹介

本名:田中邦裕/1978年生まれ
1996年にさくらインターネットを創業しホスティングサービスを開始。 98年に有限会社インフォレスト(2000年に解散)設立後、翌年にさくらインターネット株式会社を設立して社長に就任。
05年に東証マザーズに上場
kunihirotanakaをフォローしましょう

このブログ記事について

このページは、田中邦裕が2010年7月17日 10:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラックマウント型のバレンタインチョコ」です。

次のブログ記事は「「さくらのVPS」を使ってみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.6