http://tanaka.sakura.ad.jp 中国のインターネットはフィルタリングが徹底的に - さくらインターネット創業日記

中国のインターネットはフィルタリングが徹底的に

| コメント(2) | トラックバック(7)

→ 2005/4/26 Part2ができました「中国におけるフィルタリングの実際

中国では、体制批判やアダルトコンテンツに対する規制が、他国に比べて徹底していることは、皆さんご存知のことかと思います。また、報道機関には必ず国家安全局の職員が詰め、報道は中共によって驚くほど「適切」な対応がされているのも有名な話です。

そのような中にあって、中国においてはインターネットに対するフィルタリングが、徹底して行われていることはご存知でしょうか。
Googleで検索すると・・・

もちろん、中国から国外への閲覧制限が存在することは、知る人も多いと思いますが、予想をはるかに超える国家レベルのシステムが構築されていることは、あまり知られていません。
いま、中国においてホスティングを展開しているのですが、日本国内に存在するさくらインターネットのデータセンターに存在するサーバが、しばしば「中国からのみ」アクセスできなくなります。これは、バックボーンレベルで行われるもので、ブロックされた日本側のサーバから中国のIPへtracerouteを行っても、如何なるIPに対してもアクセスはできません。

詳しい方は、追記の(1)〜(4)をご覧になればわかりますが、IPがブロックされると日本側からのパケットは中国本土に上陸後にすぐ封鎖され、水際で排除していることがわかります。また、中国のホテルのインターネットからは、5ge2-ip-gb-012.online.sh.cn [218.1.4.137] において、経路が振り分けられ、最終的にはパケットが到達できない旨の表示がなされます。

インターネットにおいては、さまざまな方が推測をかかれていますが、フィルタは国際ゲートとアクセス集約ポイントの2種類で行われていると考えられ、フィルタの操作は国家安全局の職員が行っているそうです。これにはキャリアの担当者が関与することができず、どのIPにフィルタが掛けられたか、理由が何かということは知らされることがありません。
なお、国家安全局はこのようなことが行われていることは公にしておらず、直接コンタクトを取ることができません。唯一出来るとすれば「度が過ぎた行為による強制捜査の際」だけです。

ちなみに、中国においては、アクセス系の事業者は必ずフィルタ装置を設置し、それを国家安全局の職員が操作できるようにしなければならないようで、且つアクセス系の免許は内国会社にしか発行されない状況であり、外国会社が半分以上を出資する場合は内国会社でも免許は発行されません。
さらに、中国から海外への接続を持っている会社は、北中国のCNC(China Netcom)と南中国のCT(China Telecom)のみであり、これらの会社は国営企業です。

このように、確実なブロック体制を敷き、キーワードベースの監視を行い、問題があった場合はすぐに全国の拠点へ連絡し、すぐさまアクセスが封鎖されます。
また、監視対象のドメインの場合は、Aレコードの向き先を常に追跡し、変更された場合はすぐにフィルタが行われます。
たとえば、警戒対象のキーワードがマッチすると、早い場合には数分後にフィルタが行われるため、ほぼ確実にアクセスは封鎖されることになります。

最近では、フィルタリングの傾向を中国内のホスティング会社が追跡し、自社で同様の対策を行って、ブロックされることが無いような対策を取ることも増えてきました。もちろん、海外にあるサーバとは違って、中国内から中国内へのアクセスについてはすぐさま封鎖されることも無いようですが、国際ゲートのみならずアクセス集約ポイントで封鎖する態勢がすでに整っていますし、悪くすれば公安が直接やってくることになるので、やはり敏感にならざるを得ないようです。
すなわち、ホスティング会社が国のブロックに加担せざるを得ない状況が醸成され、フィルタと言論統制のシステムは、極めて正確で充実したものとなってしまっている状況です。

社会主義には無いような自由があるようにみえても、体制批判、チベット問題、アダルトには、驚くほどに確実な体制が敷かれ、とてつもなく深い黒い影を垣間見たように思いました。

IPブロックされたサーバより

# traceroute -q 1 www.yahoo.com.cn
traceroute to cn.rd.vip.cnb.yahoo.com (202.43.216.246), 64 hops max, 44 byte packets
1 210.***.***.1 (210.***.***.1) 0.621 ms
2 osnrt1b-osnrt2e.bb.sakura.ad.jp (210.224.182.25) 0.346 ms
3 osdrt2-osnrt1b.bb.sakura.ad.jp (210.224.162.49) 0.355 ms
4 210.138.106.81 (210.138.106.81) 0.326 ms
5 osk004bb00.IIJ.Net (210.130.143.117) 0.475 ms
6 osk004ix05.IIJ.Net (210.130.130.236) 0.598 ms
7 202.232.8.130 (202.232.8.130) 123.961 ms
8 *
9 *
^C
#

IPブロックされていないサーバより

# traceroute -q 1 www.yahoo.com.cn
traceroute to cn.rd.vip.cnb.yahoo.com (202.43.216.246), 64 hops max, 44 byte packets
1 210.***.***.1 (210.***.***.1) 0.534 ms
2 osnrt1b-osnrt2e.bb.sakura.ad.jp (210.224.182.25) 0.482 ms
3 osdrt2-osnrt1b.bb.sakura.ad.jp (210.224.162.49) 0.358 ms
4 210.138.106.81 (210.138.106.81) 0.621 ms
5 osk004bb00.IIJ.Net (210.130.143.117) 0.437 ms
6 osk004ix05.IIJ.Net (210.130.130.236) 0.595 ms
7 202.232.8.130 (202.232.8.130) 129.752 ms
8 202.97.33.169 (202.97.33.169) 129.431 ms
9 202.97.33.21 (202.97.33.21) 128.765 ms
10 202.97.34.49 (202.97.34.49) 154.527 ms
11 202.97.57.214 (202.97.57.214) 153.318 ms
12 219.142.8.230 (219.142.8.230) 168.493 ms
13 *
14 rd2.www.cnb.yahoo.com (202.43.216.246) 200.484 ms
#

IPブロックされているサーバへ

Tracing route to [210.xxx.yyy.6]
over a maximum of 30 hops:

1 1 ms 1 ms 1 ms 222.68.240.1
2 1 ms 1 ms 1 ms 218.1.28.17
3 1 ms 1 ms 1 ms 5ge2-ip-zb-012.online.sh.cn [218.1.4.73]
4 1 ms 1 ms 1 ms 218.1.4.1
5 2 ms 2 ms 2 ms 218.1.1.130
6 5 ms 4 ms 6 ms 61.129.95.150
7 3 ms 2 ms 1 ms 202.101.5.125
8 2 ms 2 ms 2 ms 202.97.33.58
9 2 ms 2 ms 2 ms 202.97.37.34
10 2 ms 2 ms 2 ms 202.97.37.33
11 2 ms 2 ms 2 ms 202.97.33.13
12 202.97.37.54 reports: Destination host unreachable.

IPブロックされていないサーバへ

Tracing route to [210.xxx.yyy.5]
over a maximum of 30 hops:

1 1 ms 1 ms 1 ms 222.68.240.1
2 2 ms 1 ms 2 ms 218.1.28.17
3 1 ms 1 ms 1 ms 5ge2-ip-gb-012.online.sh.cn [218.1.4.137]
4 1 ms 1 ms 2 ms 218.1.4.29
5 5 ms 1 ms 1 ms 218.1.0.198
6 4 ms 4 ms 4 ms 61.129.95.158
7 2 ms 2 ms 4 ms 202.101.5.125
8 2 ms 2 ms 2 ms 202.97.33.58
9 2 ms 2 ms 2 ms 202.97.37.34
10 2 ms 2 ms 2 ms 202.97.37.37
11 115 ms 113 ms 115 ms 202.232.8.129
12 108 ms 110 ms 114 ms osk004bb00.IIJ.Net [210.130.130.193]
13 112 ms 112 ms 113 ms osk004ip00.IIJ.Net [210.130.143.182]
14 114 ms 120 ms 113 ms 210.138.106.82
15 121 ms 118 ms 120 ms osnrt1b-osdrt2.bb.sakura.ad.jp [210.224.162.50]
16 112 ms 109 ms 111 ms 210.224.182.26
17 106 ms 108 ms 103 ms 210.xxx.yyy.5

トラックバック(7)

トラックバックURL: http://tanaka.sakura.ad.jp/mt/mt-tb.cgi/242

昨日の中国語のフラッシュなんかも中国人が読めれば良いのだが、どうなんだろうアクセス出来るのだろうか? ちょっと前に中国政府が行っているネット検閲の話題がHotwiredに掲載されていた。 たなか@さくらインターネットさんの記事にも詳しく述べられている。((なぜかU... 続きを読む

もっとヤバいサイトなんていくらでもあるだろ〜!(笑) 拙サイト“I Love T 続きを読む

・中国:ブログユーザーが爆発的増加、1000万人超え間近  (nikkeibp.jp 日中グローバル経済通信 2005.6.3) ・中国:若者の理想職種は高収入のIT関連業、21%占める  (nikkeibp.jp 日中グローバル経済通信 2005.6.3) どちらも日本では落ち着いてきた感があるが、中 続きを読む

結局、そうしないと国が破綻してしまうんですよね。国民が賢くなっては困るわけで、洗脳できる状況を保てないと先般、勃発したような反日デモもコントロールできなくなる。意図的に、勃発させることができなくなるからというのが本質なのでしょう... 続きを読む

総務省が、インターネットの健全な利用を目指して、匿名性を廃除し、実名での利用を促す取り組みに着手すると発表した事に対して、ネット上を眺めると概ね批判的な意見が多いようです。 管理人は匿名であるか実名であるかはあまり大きな問題とは思っていません。総務省が... 続きを読む

 「中国のインターネットはフィルタリングが徹底的に」  中国ではインターネットが規制されていますよ、というお話。  ちょっと議論を呼ぶ書き方をすると、情報のフィルタリングはなぜ悪なのか、という前提についてもっと議論が必要だと思うのだ。社会に... 続きを読む

 中国ではマスメディアが厳しい情報統制下に置かれており、インターネットも検閲を受けているのは既に周知の事実ですね... 続きを読む

コメント(2)

巨大国ゆえのそういう現状なのでしょうか?
記事を見てて改めて異文化の違いっていうものを感じます。
会話ができたくらいでは異文化と完全にコミュニケーションが取れるような気がしないですね

はじめまして!!
リンクをさせていただきました。
弊サイトでは日中のモバイルネタを中心に取り上げています。
私自身も中国に2年ほど住んでいたことがあります!!
今後ともいろいろ為になる情報を教えてください!!

コメントする

自己紹介

本名:田中邦裕/1978年生まれ
1996年にさくらインターネットを創業しホスティングサービスを開始。 98年に有限会社インフォレスト(2000年に解散)設立後、翌年にさくらインターネット株式会社を設立して社長に就任。
05年に東証マザーズに上場
kunihirotanakaをフォローしましょう

このブログ記事について

このページは、田中邦裕が2005年4月22日 14:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「総領事館」です。

次のブログ記事は「帰国」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.6