東証一部に上場しました

さくらインターネット株式会社は、本日東証一部に上場しました。
1996年12月に18歳でさくらインターネットを創業し、紆余曲折ありながらも2005年10月にマザーズへ上場し、それから10年と1ヶ月で一部への市場変更となりました。
もともと、一介の高専生が学内ではじめたサーバーレンタルに端を発する、さくらインターネットですが、19年の歴史の中で、多くのお客様や社員の皆様ほか、株主の方や業界の方など多くの方に支えられてここまで来れました。
また、笹田さんや小笠原さんをはじめ、スタートアップ期に活躍頂いた方々なしには、いまのさくらインターネットは無かったと思います。
改めて皆様に感謝いたします。本当にありがとうございます。

なお、当社は2005年にマザーズへ上場したあと、2007年に債務超過となり経営に非常に苦労した時期もありました。一部上場はあくまでも通過点でしかなく、決して奢ることなく、しっかりと真面目に社業を発展させていくことを肝に銘じて、経営に取り組みます。
また、これを機にというわけでもありませんが、さらにサービスの改善を進めてお客様により満足頂けるようにまい進するとともに、一緒に働く人達が元気に明るく幸せに働ける職場を実現し、結果として高収益企業となり、株主の皆さんにも成長の果実を感じていただけるような、誠実且つ明るい会社に出来ればと思います。

最後に、一部に上場したからと言って、お堅い会社になろうと言う気はありません。
安定感は重要ですが、常にチャレンジを忘れることなく、顧客満足度の向上と、働く人のモチベーションを高めていくことが最も重要であると考えています。
今よりさらに、皆様に愛されるさくらインターネットを目指してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

20151127-tse2