格安の低価格VPSを比較する

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

最近、IaaS型クラウドの流行の裏で、VPSがひそかな人気を集めています。
VPSは、クラウドのような従量課金やAPIアクセス、柔軟なリソース増減はできませんが、その分安価な価格設定が行われることが多く、数ヶ月以上利用するのであればクラウドよりも非常に安価で高いパフォーマンスを得られることが特徴です。
また、コントロールパネルで起動、停止、再起動などの操作や、OS再インストールなど、クラウドで言うところの「セルフサービスによる」という部分は多くのVPSで実現されており、さくらのVPSに限ってはコンソールをホストOS経由で直接アクセスできるなど、物理サーバの置き換え用途としても十分に利用できる内容となってきました。
さらに、申し込みから利用開始まで数分から数十分程度で行えるなど、従量課金ではないことと解約が手動となる点を除けばIaaS型クラウドに決して劣るものではありません。

ただ、たくさんのVPSが各社から提供され、なかなか選べないよという方も多いのが実情です。
今回は、さくらのVPSのほか、話題を呼んでいる日本ラッドさんのSaaSes Osukini Serverと、DTIさんのServersman@VPSを取り上げ、それぞれのVPSについて比較をしてみました。
いちおう公平に書くようにしましたが、色眼鏡で見ていただいても結構です。m(_ _)m

それでははじめに各社の仕様をまとめてみます。

プラン名 さくらのVPS Osukini Server Serversman@VPS
512 1G 1.5G 4G 8G LT ST GT XT Entry Standard Pro
初期費用(円) 0 2,980 4,980 9,980 19,980 6,000 6,000 10,000 14,000 0 0 0
月額(円) 980 1,480 1,980 3,980 7,980 450 980 1,980 4,980 490 980 1,980
年払い割引 1か月分割引 なし なし
試用期間 2週間 2週間 記載なし
(キャンペーン対応)
メモリ容量 512MB 1GB 1.5GB 4GB 8GB 512MB 1GB 2GB 4GB 256MB 512MB 1GB
HDD容量 20GB 30GB 50GB 120GB 240GB 50GB 100GB 200GB 400GB 10GB 30GB 50GB
SWAP設定 ×
リモート
コンソール
× ×
固定IP v4
v6 × ×
追加IP ×
月額500円
×
1個

3個
IP逆引き
制限あり
仮想化プラットフォーム KVM完全仮想化 Xen完全仮想化 OpenVZコンテナ
OS CentOS
Debian
Ubuntu
Fedora × ×
FreeBSD × ×
現在のキャンペーン
今なら初期費用半額 今なら最大2か月分を無料に
その他の制約等 試用期間中は2Mbps制限
試用期間中はOP25Bあり

VPN設定不可
iptablesエントリ数の上限あり
※Serversman@VPSは、ウェブサイト上にて最大メモリの表記がありますが、あくまでも保障メモリで比較しています。


これではわかりにくいので、一番の関心事であろう価格について、それぞれ初年度にいくらかかるかを比較してみましょう。
また、メモリ1MBあたりの単価、HDD 1GBあたりの単価も見てみます。

プラン名 さくらのVPS Osukini Server Serversman@VPS
512 1G 1.5G 4G 8G LT ST GT XT Entry Standard Pro
年間の利用額(円) 10,780 19,260 26,760 53,760 107,760 11,400 17,760 33,760 73,760 5,880 11,760 23,760
メモリ1MBあたり(円) 21.0 18.8 17.4 13.1 13.2 22.3 17.3 16.5 18.0 23.0 23.0 23.2
HDD 1GBあたり(円) 539.0 642.0 535.2 448.0 449.0 228.0 177.6 168.8 184.4 588.0 392.0 475.2


ここで、グラフ化してそれぞれのプランがどのような位置にあるのかを見てみます。
まず、メモリの容量を横軸にした価格帯です。
VPS価格比較
導入費用が絶対価格で最も安いのはServersman@VPSのEntryプランですが、概ね価格帯は似通っているといえます。
低スペック帯では唯一256MBモデルを出しているServersman@VPSが安価であり、512MBあたりでは3社とも同様の価格となり、高スペック帯ではさくらのVPSがもっとも安価ということがわかります。

次に、HDD容量を横軸にした価格帯を見てみましょう。
VPS価格比較
総じていえるのは、Osukini Serverが飛びぬけて大容量であるということでしょう。
例えば、1万円の場合にさくらのVPSは20GB、Serversman@VPSは30GBのところ、Osukini Serverは50GBと大幅に大きいことがわかります。

ちなみに、キャンペーン適用した価格はどうなのか?1年を超えると結果は違うのでは?との質問もあったので、いちおうグラフを作りました。正直なところずっとキャンペーンをしている事業者は不公正だし信用できないので加味する必要性を全く感じませんが、信頼性がないとか言われても嫌なので参考までに。

結果的には大して変わりませんでした。
結局、低スペック帯ではServersman@VPSが価格優位なこと、SaaSesが価格に対してHDDが大容量なこと、高スペック帯ではさくらのVPSが価格優位なこと、それぞれ変わることはありません。
ただ、Serversman@VPSは期間が長くなると価格メリットが薄れてくるようです。

それでは気をとりなおして、最後にベンチマーク比較を見てみましょう。
既にこれらのVPSサービスの利用者の方がunixbenchで計測されていますので、その情報を見てみたいと思います。
それぞれ、「さくらのVPS unixbench」「Saases unixbench」「serversman unixbench」とGoogleで検索して出てきたページから抜粋しています。

VPS性能比較
これを見ると、さくらのVPSが1200から1500程度、Serversman@VPSがEntryで200から400程度、Standardで400?800程度で、Osukini ServerがLTとSTともに600程度です。
unixbenchだけでは結果はわかりませんが、数字を見る限りさくらのVPSが飛びぬけて性能がよいのは間違いなさそうです。

ただ、性能だけを見ても仕方が無いので、価格性能比をマッピングしてみましょう。
VPS性能比較
やはり性能についてはさくらのVPSが良いですが、興味が惹かれるのはServersman@VPSです。Osukini Serverが価格が上がっても性能が変わらないのに対し、Serversman@VPSはプランごとに性能が変わっているうえ、TurboモードをONにすることによる性能の向上が見られます。
完全仮想化の場合はゲスト空間が利用者に全て委ねられるのに対し、OpenVZの場合はCPU性能をコントロール出来るというのが寄与しているものと思われます。

それでは、ここでまとめにしたいと思います。
比較を実際にしてわかったのは、各社各様に特徴があるなというところで、本当はさくらのVPSを推したいところですが、そうは甘くないようです。
ということで各社の特徴をまとめてみました。

  • さくらのVPS
    • 高スペックプランになるほど、コストパフォーマンスがよくなる
    • リモートコンソールが利用できる
    • サーバ性能が飛びぬけて良い
    • 利用できるOSが多い
    • 初期費用が無い(980プランのみ)
  • Osukini Server
    • HDD容量が飛びぬけて大きい
  • Serversman@VPS
    • IPv6が利用できる
    • IPv4が複数利用できる(StandardとProのみ)
    • 低スペックプランがラインナップされ、最も安い
      (過去のキャンペーン適用者で、Entryを月105円で利用できてる人もいるらしい)
    • 運が良ければ保障以上のメモリを使える(但しプロセスがしばしばkillされる)
    • 初期費用が無い

私の結論としては、

  • スペックや性能が低くてもとにかく安くということでは、Serversman@VPS
  • HDD容量が欲しければ、Osukini Server
  • HDD容量はそこそこで良く、月に980円以上出せるのであれば、さくらのVPS
というところでしょうか。

なお上述のとおり、ある程度の値段になると、Osukini Serverか、さくらのVPSという選択肢しかなく、スワップが利用できることも考えると、本格運用の場合には Osukini Server か、さくらのVPSの2択かなと思います。
本当はさくらのVPSだけを推したいところでしたが、さすが岡田さんだけあってOsukini Serverも良くできているという印象です。

また今後、Amazon Web Servicesや、Linodeなども取り上げる予定ですが、皆さんからもご意見などいただければ幸いです。

2011/02/27 @taka0gaさんからの情報提供で、ScrewTurn Wikiさんが計測したOsukini Serverのベンチマーク結果を追加しました。
2011/02/28 よねすけさんから頂いたコメントを元に、さくらのVPSと、Serversman@VPSのベンチマーク結果を追加しました
2011/02/28 unixbench結果と初年度費用の関係を追加しました。
2011/02/28 キャンペーンを適用した上で、2年間利用した場合の結果を追加しました。

トラックバック(3)

CM.labs (PukiWiki/TrackBack 0.3) - コメント/みなログ@CM.labs (2011年2月28日 12:26)

ふ〜ん。:格安の低価格VPSを比較するhttp://tanaka.sakura.ad.jp/2011/02/vps-sakura-saases-serve... 続きを読む

VPSを使いながらサーバーを学んでいくブログ - 格安VPSのサービスを行っている業者の比較 (2011年3月 1日 10:51)

VPSを使おうと検討しているのですが、どこがいいのかな、と思っていたら、「さくらインターネット」の社長さんが自ら比較記事を作っているのを見つけたので、参考... 続きを読む

今まで米国の VPS を使っていたが、 いつのまにか日本の VPS もリーズナブルな値段になってきたらしい。 「さくらのVPS」 がメモリ 512MB で... 続きを読む

コメント(9)

Darastof

カゴヤクラウド VPSが正式サービス開始になった際はそれも追加した方がよろしいかと。
使った印象としては反応は良さそうです(ベンチとかはしていませんが)

mzch

残念ながら、プレスリリースを見ただけで、Linode に対しては価格面以外での優位性がないことがわかっています。WHTで、アジアの代表的VPSとして名前が挙がるようになってから比較されてはいかがでしょう。また、AWS は土俵が違います。それこそ、さくらのクラウドと比較すべきで、あまり意味があるとは思われません。

よねすけ

初めまして。よねすけと申します。
さくらさんには、telway収容さくらウェブの頃からお世話になっていますw。

以前、性能比較のためにあちこちでUnix Bench 5のベンチマーク取ってありましたので、こっそり貼り付けさせていただきます。何かのお役に立ちますやら。

なお、*から始まるのはその辺にあった実機でテストしたものです。
その辺にあったものなので、OSバラバラですが(^^;

また、IndexスコアはマルチCPUでのものです。


さくらのVPS (CentOS5.5 64bit)
1502.6

カゴヤクラウドβ (CentOS5.5 64bit)
1451.9

*Core2Duo2.8GHz (Ubuntu 9.04/4GB/1TB)
1337.4

ServersMan Standard [ターボON] (CentOS5.5 32bit)
774.7

ServersMan Standard [ターボOFF] (CentOS5.5 32bit)
522.9

*Atom 330 (Ubuntu 10.04/2GB/320GB)
507.6

*AthlonXP 2GHz (CentOS 5.5 32bit/640MB/120GB)
361.1

*Pentium4 1.6GHz (UbuntuServer 10.04 32bit/256MB/80GB)
182.5

*玄箱 (Debian 5/64MB/160GB)
44.1

ベンチ結果のみをみると、さくらのVPSが突出してますねぇ。およそ34クロバコでしたw。

liwei

私は中国からあそこにいたのでこんにちは、これらのVPSのサポート商品を行う

匿名

serversman Standardを2つ利用してますが、ベンチが結構ちがいますね。
あと来週早々に大がかりなハードウェア交換があると連絡がきましたので、
そこでまた変化がありそうです。メンテナンスで数時間ほどサーバが止まるようなので
困りものですが。

yasuhiro

記事内の3サービス全てを契約していますが、たなかさんと同じ結論に至ってます。
Serversman@VPSのトラブル発生率を考えると、安定・安心して使えるのはOsukini Serverか、さくらのVPSの二択かと。

VPSとして提供しているサービスなのに、/etc をガシガシ書き換えてきたのには閉口しましたから(苦笑)

go

さくらVPSとserversman pro, entryを使っています、
やはり予算ができるなら、さくらの4Gが一番バランスがいいね
表には出てこないが、serversmanはときどき、sshでひかかることがあります、
本来openvzがいちばん早いはずですが、一台でユーザー数が多いためか、
体感的にさくらがはやいです。

ちなみに、4Gがいつ回復されるでしょうか?

ボイラーマンからgoへの返信

客先との検証用にServersMan@VPS proを使い始めたのですが、goさんが言われるようにsshで引っかかるというか、夕方になると全く使えなくなります。
仕事は早くやめろ、と言わんばかりです。

さくらの4Gは4/26回復しましたね。
こちらに鞍替えしようかな。

go

さくらの専用サーバにはIPの追加ができますが、VPSにIP追加ができるのでしょうか?