水浴びハト

最近大阪は暑い日が続きます。
しかし、家でのんびりしていてももったいないので、家から梅田まで散歩がてらふらふらしてみました。

途中、中ノ島のあたりでは、まもなく完成予定の京阪中ノ島新線の工事が着々と進んでおり、工事中の地下を覗けるという透明の窓からは、とても深いところへ駅を作っているところが見えます。なかなか考えたもので、普通の鉄板しかない地下鉄の工事現場と比べると、ずいぶんとオープンになったものだと感心します。
最近では、クレームを避けるためか、完成予想図だけでなく工事の進捗状況や現場の紹介など、作業内容の透明化を図ろうと努力している現場が多く、結構面白いものです。
しかし、地下深くで作業している人は、この暑い中で大変ですね。洞窟なら涼しいのでしょうが、地上からの開削での現場は地上にも増して暑そうです。

ところで、工事現場の傍らでは、鳩まで暑さにうだったようで、小さな水溜りで水浴びをしていました。
暑い夏ですが、涼しげな一瞬でした。