JR西日本社員

昨日、JR宝塚線の快速脱線事故に関する記事を書きました。 → 2005/4/27 列車事故
予想以上の規模の大きさに、ただただ驚くばかりで、犠牲者のご冥福をお祈りします。

今日、私の友人からメールをもらいました。「もう大変だ。うちの会社はどうなってしまうのだろう」という内容です。私が、JR西日本に勤める友人に、仕事は大丈夫かとメールを送った返事です。
あれほどのことが発生してしまい、現場の人たちは本当に動揺し、精神的に不安になっているようです。
鉄道に興味のある私としては、JRで設備を担当している彼から、現場の話は聞くことがありますが、やはり各路線の速度アップに関する話は、よく聞きました。
社是として、スピードアップを標榜し、他の私鉄から客を奪ってきたわけですが、現場にはかなりの無理を強いていたようで、多くの社員が負担を感じていたようです。

今回の事故で、社員も大変です。
もちろん、社会に責任のある会社として、社員が一丸となって、事故に立ち向かっていくことが大事ですが、野次馬のような当事者でもないマスコミによって、遺族も社員も余計な負担を強いられているように見えます。そういえば、突然泣き出してしまった社員がいましたが、相当な精神的負担でしょう。
揚げ足を取るような言動を繰り返す記者の様子を見ていて、個人的にはあまりいい気がしていません。
ただ、JR西日本の対応にも、マスコミと同様に解せないものがあります。
JR西日本は、事故の際、常に自らの責任を回避することに尽力しているように見えます。そして、どうしようもないと思ったときに、突然謝りだしたりします。
信楽高原鉄道(SKR)の事故の際にも、SKR側はすぐに謝罪したものの、JR西日本は最後まで訴訟で対抗しました。救急隊員の事故の際も、最初は責任を回避するそぶりが見え隠れしていました。
裁判のことを考えると、そういった態度に出てしまうことも想像できますが、「公共交通機関」などと証するのであれば、このような態度は到底理解されるものではありません。
例えば、今回の置石の件についても、「うちには責任が無い」という風に、見えた人も少なくないと思います。

会社を作るのは社員ですが、JR西日本の場合は、会社の構成員たる社員は、本当に安全を第一に考えられるような環境にあるのでしょうか。会社が自分のことを守ってくれているという意識を社員がもてず、名実共に使用人になってしまった時点で、JR西日本は一流企業ではいられなくなります。

ところで、そろそろ「定時」「高速」について、よく考え直したほうがいいのではないでしょうか。JALの件でもJR西日本の件でも、スピードアップと定時性が引き金になっていることは疑うべくもありません。
この狭い日本。国民性とはいえ、安全が担保されないまま、満足していても仕方が無いですよね。
もちろん、交通事故の遭遇確率と比較しても、極めて低い確率ではあるのですが・・・

トラックバック(1)

フリートーク「JR福知山線列車脱線事故について」に寄せられたコメントの中で私は、沢山の意見を頂来ました。多くの人の意見は色々と違うということが私には分りました。確かに皆さんの意見はもっともであります。 しかし、私は皆さんの意見をどう記事に反映したらいいの... 続きを読む

コメント(3)

nullさわ

事故の犠牲者の方々には謹んでご冥福をお祈りいたします! 
事故に比べればとても小さな出来事なんですが、
JR西日本の会社の体質が変わってないこと感じる出来事があったので書かせてもらいます!
昨日の夕方にJRの車内に忘れ物をした事にきずき駅に連絡しようと思い104に番号問い合わせしたら届けがなく、
お客様センターにかけることになりました!
何回もかけるがらちがあかず、帰りに駅員に苦情を言っていたとところ
係長て人間が出てきて”車掌や運転手が終着駅に着いた時点で、
車内の忘れ物などの点検を確認する社内規則はないからしない”との事
私鉄では考えられない答えに愕然としました!
地下鉄サリン事件から私鉄では終着駅では乗務交代の際には運転手や車掌が忘れ物や不審物がないか
必ず確認してるから、問い合わせればすぐにわかります
人を馬鹿にしたようにニヤニヤ笑いながら苦情をききながそうとする態度に”この会社の体質は変わらないんやな”っと怒りを覚えました

nullさわ

事故の犠牲者の方々には謹んでご冥福をお祈りいたします! 
事故に比べればとても小さな出来事なんですが、
JR西日本の会社の体質が変わってないこと感じる出来事があったので書かせてもらいます!
昨日の夕方にJRの車内に忘れ物をした事にきずき駅に連絡しようと思い104に番号問い合わせしたら届けがなく、
お客様センターにかけることになりました!
何回もかけるがらちがあかず、帰りに駅員に苦情を言っていたとところ
係長て人間が出てきて”車掌や運転手が終着駅に着いた時点で、
車内の忘れ物などの点検を確認する社内規則はないからしない”との事
私鉄では考えられない答えに愕然としました!
地下鉄サリン事件から私鉄では終着駅では乗務交代の際には運転手や車掌が忘れ物や不審物がないか
必ず確認してるから、問い合わせればすぐにわかります
人を馬鹿にしたようにニヤニヤ笑いながら苦情をききながそうとする態度に”この会社の体質は変わらないんやな”っと怒りを覚えました

tachi

さわさんの怒りに共感します。
私は切符の払い戻しの事でJR西日本のお客様センターに電話をしました。まず、電話に出たのが女性の方でマニュアル通りの事を話しているように感じ、担当の人に代わってもらいましたが、もっと気分の悪い事になりました。
話しの相づちをしないので「聞いてますか?」と言えば、「聞いてますので話してください。」と。言い方に腹を立てれば「申し訳ありません。」と。まるで、福知山線の列車事故のときにテレビに出て、ただ頭を下げていただけの人かと思うほどでした。人の怒りや痛みを察する事など到底無理なようです。
怒りが抑えきれなくなった私が声大きく話していると、今度は私が話しているにもかかわらず、相手も話してくるんです。「直接、駅の人と話してください。」と言われ、私が「何のためのお客様センターですか?客の話を右から左へ流すだけですか?」と聞くと「そうです。」・・・。何て事でしょうね。大きな事故を起こし、何人もの命を奪い、何人もの人を悲しみのどん底へ突き落としても、まだ何も変わらないのです。
私は、怒りと共に何も変わらないJR西日本に不安を感じます。同じ事を繰り返して欲しくない。絶対に!