ソウルから上海へ

ソウル出張の日程も無事終え、今回一緒に廻っている技術部長と共に、上海の浦東(プドン)へと参りました。
今回は、アシアナエアラインにしたのですが、搭乗後すぐにウェルカムドリンクを出されたのには驚きました。実は今までJALかANAだったのですが、どちらとも出されることは無く、その話をしていると「普通は出ますよ」とのことで、普通がどこにあるのかはさておき、びっくりしたしだいです。
まぁ、機内食は可も無く不可も無く、とりたてておいしいものではなかったのですが、おなかもすいていたことがあり、全て食べました。

浦東には現地法人の副総経理(副社長)が迎えに来てくれており、そのままホテルへ送ってもらうことに。1ヶ月ぶりの上海ですが、その発展の具合に驚かされます。
先日うかがったときには汚らしい工事現場であった箇所も、きれいに仕上げられてたり、その気になれば仕事が速いのに、元来いい加減なので工事中はとてつもなく汚らしく、噂に違うことの無い様子を目の当たりにしてしまいました。

夜は、副総経理に四川料理をご馳走してもらい、腹いっぱいになりました。以前から、「四川料理を食べに行きましょう」と誘われていたので、じゃあ今日行こうということになったものです。
ただ、とてつもなく辛いのにはびっくりさせられます。韓国のは辛いけどおいしくいただけるわけですが、本場の四川はスパイスもかなりのもので、戦いのようでした。でも、個人的にはおいしく頂いたつもりでしたが・・。

↓左 搭乗 / 右 私たちの乗った飛行機
2004_se_sh-1.JPG2004_se_sh-2.JPG